So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

総合格闘技とテレビ [スポーツ]




 総合格闘技は、今テレビであんまり見かけることはなくなっていますね。 K-1もテレビでやらなくなったし、視聴率もあんまり良くなかったみたいです。 格闘技は、好きな人は好きで、興味がない人は一切見ないですから、これからどうなっていくんでしょうか?  
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯 決勝戦 優勝はどこの国か [スポーツ]



【7月12日 AFP】
 2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)決勝、オランダ対スペイン。スペインが1-0で勝利し、初優勝を果たした。

 大会初戦で敗れたチームが優勝するのは史上初。スペインはスイスとの1次リーグ初戦を0-1で落としていた。

 オランダは1974年西ドイツ大会、1978年アルゼンチン大会に続き3度目の決勝進出だったが、今回も涙をのんだ。

 試合は120分間を戦い0-0のまま、PK戦を迎えるかと思われたが、延長後半11分にアンドレス・イニエスタ(Andres Iniesta)の得点でスペインが先制。スペインはそのまま逃げ切った。

 オランダは延長後半4分、2枚目のイエローカードでヨニー・ハイティンガ(Johnny Heitinga)が退場となった。

 大会は全日程が終了。大会最多得点は5ゴールでウルグアイのディエゴ・フォルラン(Diego Forlan)、ドイツのトーマス・ミューラー(Thomas Mueller)、オランダのウェズレイ・スナイデル(Wesley Sneijder)、スペインのダビド・ビジャ(David Villa)の4人が並んだ。

 得点王に贈られるゴールデンブーツには、アシスト数などが考慮され、ミューラーが輝いた。また、最優秀選手(ゴールデンボール)にはフォルラン、最優秀若手選手にはミューラーが選出された。(c)AFP

-----引用ここまで-----


 決勝戦は、接戦でしたね~。 スペイン優勝おめでとうございます。 オランダも良い試合していたと思います。日本は、W杯2位の国と試合ができて、いろいろと勉強になったんではないでしょうか。

次は、日本も優勝するように祈っています。 選手のみなさん、お疲れさまでした。
タグ:W杯
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯の誤審騒動 [スポーツ]



【6月30日 AFP】
 国際サッカー連盟(FIFA)は29日、2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)の準々決勝以降を担当する審判団を発表した。その結果、誤審騒動を起こした4人の審判が担当を外れ、帰国することになった。

 担当審判から外されたのは、決勝トーナメント1回戦、ドイツ対イングランド戦で、イングランドのフランク・ランパード(Frank Lampard)のシュートをノーゴールとした、ウルグアイのホルヘ・ラリオンダ(Jorge Larrionda)主審と、同じくアルゼンチン対メキシコ戦で、明らかにオフサイドポジションにいたアルゼンチンのカルロス・テベス(Carlos Tevez)の得点を認めた、イタリアのロベルト・ロセッティ(Roberto Rosetti)主審。

 さらに、予選リーグ、ブラジル対コートジボワール戦で、ブラジルのルイス・ファビアーノ(Luis Fabiano)が明らかに両腕を使って決めたゴールを認めた、フランスのステファン・ラノイ(Stephane Lannoy)主審や、同じく米国対スロベニア戦で、米国のモーリス・エドゥー(Maurice Edu)のゴールを認めなかった、マリのコマン・コウリバリー(Koman Coulibaly)主審が担当から外された。

 準々決勝以降を担当する主審は、日本の西村雄一(Yuichi Nishimura)主審を含む19人となった。(c)AFP

------転載ここまで------


W杯では、誤審騒動が問題になっていますね。昨日は、日本対パラグアイの試合があり、日本が負けてしまいましたが、審判の誤審はなかったように思います。 審判も人間であるから、誤審をすることがあるので、そのあとの対処の方法をもう少しきちんと規定しておくべきでしたね。

日本は、パラグアイに負けてしまいましたが、最後まで0点に抑えた日本の守備陣はすごかったですね。次のW杯では、ベスト4が行けそうな気がしてきました。
タグ:誤審
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宮里藍、今季4勝目 [スポーツ]



6月21日 AFP】
米女子プロゴルフ、ショップライト・クラシック(ShopRite Classic)最終日。首位と2打差の3位でスタートした宮里藍(Ai Miyazato、25)は7バーディー、ボギーなしの64で回り、通算16アンダーの197で優勝。ツアー今季4勝目、通算5勝目をあげた。米本土での優勝は初めて。

 21日発表の世界ランキングでは、韓国の申智愛(Ji Yai Shin、シン・ジエ)を抜いて1位の座につく見通し。

 今回の優勝賞金は22万5000ドル(約2000万円)。今季賞金総額でトップに立つ。(c)AFP

-----引用ここまで------


やっぱり宮里藍選手は、すごいですね。
タグ:ゴルフ
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カメルーン1次リーグ敗退 [スポーツ]



【6月20日 AFP】
 2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)1次リーグE組、カメルーン対デンマーク。デンマークが2-1で逆転勝ちした。2連敗となったカメルーンは1次リーグ敗退が決まった。

 デンマークは前半10分にサミュエル・エトー(Samuel Eto'o)の得点で先制されたが、同33分にニクラス・ベントナー(Nicklas Bendtner)の得点で追いくと、後半16分にはデニス・ロンメダール(Dennis Rommedahl)の得点で逆転した。

 この結果、オランダが1番乗りで決勝トーナメント進出を果たした。オランダは日本を1-0で下して2連勝で勝ち点を6とし、E組2位以上が確定した。

 日本は24日、勝ち点3で並ぶデンマークと決勝トーナメント進出を懸けて対戦する。(c)AFP

-------引用ここまで------


日本は勝つしか決勝リーグにはいけない。 勝てない相手ではないが、厳しい試合になるだろう。
最後は、やっぱり気持ちの問題でしょうね。最後まで諦めずに頑張ってほしいです。 
タグ:カメルーン
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

全米オープン [スポーツ]



【6月18日 AFP】
 男子ゴルフ、第110回全米オープン選手権(2010 US Open Championship)初日。初出場の石川遼(Ryo Ishikawa)は1アンダーの70と好発進した。タイガー・ウッズ(Tiger Woods、米国)は3オーバーの74だった。

 日本勢では藤田寛之(Hiroyuki Fujita)が1オーバーの72、谷口徹(Toru Taniguchi)が73、矢野東(Azuma Yano)が74、横尾要(Kaname Yokoo)が76、池田勇太(Yuta Ikeda)が77だった。(c)AFP

------引用ここまで------


石川選手は、この調子で頑張ってほしいです。 応援しています。
タグ:ゴルフ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スペイン、敗れる [スポーツ]



【6月17日 AFP】
 2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)1次リーグH組、スペイン対スイス。欧州選手権2008(Euro 2008)覇者で優勝候補のスペインは0-1で敗れ、初戦を勝利することができなかった。

 スイスは堅守とゴールキーパー(GK)のディエゴ・ベナグリオ(Diego Benaglio)の好セーブで、後半7分にジェルソン・フェルナンデス(Gelson Fernandes)が挙げた先制点を守り切った。

 スイスはスルーパスに抜け出したエレン・デルディヨク(Eren Derdiyok)とスペインGKのイケル・カシージャス(Iker Casillas)が交錯、こぼれたボールをフェルナンデスが押し込んで先制した。(c)AFP

------引用ここまで-----


W杯は、何が起こるかわからないからオモシロい。 勝負に絶対はないから、日本も格上のオランダ相手にどんどんシュートをうっていこう。
 
でもスペインもこのままでは終われないから、勝ち上がってきそうですね。
タグ:スペイン
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカーW杯 光と闇 [スポーツ]



 2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)、1次リーグD組、ドイツ対オーストラリアの試合が行われたダーバン(Durban)のモーゼス・マヒダ・スタジアム(Moses Mabhida Stadium)で試合後、会場スタッフ約400人が給料が減額されたことに対して抗議を始め、排除しようとした機動隊と衝突した。

 AFP特派員によると、騒ぎが起きたのは試合終了から約1時間半後。スタジアムのメーンゲートの外で、250ランド(約3000円)の日当が190ランド(約2270円)に減額されたとして会場スタッフらが抗議を始めた。これに機動隊数十人が介入し、催涙弾を発射したり、参加者を拘束するなどして抗議行動をやめさせた。

 写真は、南アフリカ・ダーバンのモーゼス・マヒダ・スタジアム周辺で減給に抗議する会場スタッフたち(2010年6月14日撮影)。(c)AFP/Aris Messinis
 
------引用ここまで------


W杯開始早々、このような抗議行動が起きたみたいですね。 サッカーW杯南アフリカ大会は、まだまだ何か起きそうな予感がします。 明るく楽しいW杯で終幕すればいいですね。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

2010年サッカーW杯 [スポーツ]



【6月1日 AFP】
 スイスの数学者が独自の統計システムを用いて2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)参加国の勝率を予測したところ、優勝国の筆頭候補はブラジルとなった。スペインも小差で優勝候補の2位となった。

 スイス人数学者、ロジャー・カウフマン(Roger Kaufmann)氏は、11日に開幕する2010年サッカーW杯南アフリカ大会参加国について、ホーム、アウェーのゴール数や最新の国際サッカー連盟(Federation Internationale de Football Association、FIFA)ランキングなどを参考に、自身が開発した統計ソフトウェア「ダイナミック・スポーツ・アナリシス(dynamic sport analysis)」を用いて優勝の確率を計算し、その結果をウェブサイト「www.rogerkaufmann.ch」で公表している。

 これによると、優勝する確率が最も高かったのはブラジルで15.4%。次が15.2%のスペイン。ブラジルとの優勝確率の差はわずか0.2%だ。

■日本の優勝確率は?

 一方、優勝の可能性が最も低いのは北朝鮮で、確率は0.1%。日本、韓国、ニュージーランド、ホンジュラスも優勝の確率は1%未満しかない。

 ただし、カウフマン氏によると、これらの統計は1試合ごとに変わるという。(c)AFP

------引用ここまで------


 この数学者による日本の優勝確率は1%未満であるが、スポーツは予測が当たらないことが面白い。先日の日本対イングランド戦でも、日本は負けてしまいましたが、負け癖がついているのかな。。。まず一勝してほしいです。


タグ:サッカー W杯
nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ
サンチュウの放埓日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。