So-net無料ブログ作成

将来は、本当に車がつぶやくかも [経済]




車が本当につぶやいてくれたらおもしろいのに。 あと、運転している人の愚痴を来てくれる車とか。 まあ将来、車を運転している人なんて少数派になっていると思いますし、交通事故を起こさないように、なるべく自分で車を運転するのを控えるように政府が指示していそうです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国からの生産拠点離れ!次はどこへ [経済]



【7月6日 AFP】
 長らく中国は安価で労働力を豊富に海外企業に提供してきた。だが、近年になって高まる労働者からの賃金引き上げ要求や、人民元切り上げの可能性などから、海外企業が労働コストの低いバングラデシュ、インド、インドネシア、ベトナムなど、他のアジア諸国へ生産拠点をシフトする流れが進んでいる。

 インドネシアのマリ・パンゲストゥ(Mari Pangestu)貿易相は1月、靴メーカーが相次いで中国からインドネシアに工場を移転する「恒久的なトレンド」がみられると発表。こうした企業による、インドネシアへの投資は過去4年間で計18億ドル(約1600億円)に上るという。

 台湾証券会社Capital Securitiesのアナリスト、ブルース・ツァオ(Bruce Tsao)氏は、中国における急激な賃上げの動きは、すでに利ざやが低下し始めている同国の労働集約産業にとって痛手となると分析する。

■長期的には避けられない海外企業の中国撤退

 ツァオ氏は、中国から海外企業が即時に撤退することはないだろうが、長期的には避けられない流れとみている。

 米スポーツ用品大手ナイキ(Nike)製品の約15%の生産を請け負う台湾の豊泰(Feng Tay)グループは、中国拠点を縮小し、インドでの生産を拡大する計画だという。

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は前月、対ドルでの人民元弾力化の方針を示した。だが、米国など主要貿易国が求める1回限りの人民元切り上げは除外した。

 無尽蔵にあると思われていた安価な労働力も底をつく兆しが見え始めるなか、経済アナリストらは、世界市場において、人民元が強くなるほど安価な労働コストによる中国の優位性は失われると指摘する。

■中国に代わる労働市場は?

 こうしたなか、中国にとって代わるとアナリストらがみているのが、労働者の平均月収が25ドル(約2200円)と世界最低レベルにあるバングラデシュだ。だが、そのためには多発する労働紛争やぜい弱なインフラの改善が前提となる。

 三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)は前年9月、ベトナムに三菱エアロスペース・ベトナム(MHI Aerospace Vietnam)を設立しているが、その理由としてベトナムの労働力が比較的、安価であることを挙げている。

 日本貿易振興機構(ジェトロ、JETRO)の調査によると、中国の工場労働者の平均月収が217ドル(約1万9000円)であるのに対し、ベトナムでは101ドル(約8800円)となっている。

 日産自動車(Nissan Motor)のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)社長兼最高経営責任者(CEO)は前週、「中国での生産状況を変える予定はない」と述べながらも、インドネシアで生産規模を倍増する計画を発表した。インドネシアのインフラ状況が改善されれば、強力な輸出拠点となることを見込んでいるという。(c)AFP/Stephen Coates

----引用ここまで----


中国の生産拠点が移動して、次の国に移っていくわけであるが、いつかは労働賃金がどの国でも一定になっていくのであろうか? 何十年先(何百年?)になるかはわからないが、世界は新しいものを求めて宇宙に飛び立っているような気がします。
タグ:生産拠点
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日本経済回復基調 [経済]



【5月17日 AFP】
 自動車や電機など国内主要企業の2010年3月期決算は、増収増益や黒字転換見込みが相次ぎ、世界的な不況からの回復基調が鮮明となった。背景には、コスト削減や徹底したリストラ、国内総生産(GDP)の回復基調に加え、中国など新興国市場における需要の増大がある。

 日本経済がフル回転し始めているが、欧州経済が日本経済に与える影響は強い。 
タグ:日本経済
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
サンチュウの放埓日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。